下膨れの革命

圧倒的自己満足!

神様の影を恐れて

この前宗教の勧誘を神様みたいな態度であしらいました。

 

おばさん達気悪くしたやろうな。まぁいいか。

 

 

どんなジャンルでも押し付けてくるやつはカバンの中で飲み物こぼせばいいのよ!

 

 

 

特に拙者は一応鍼灸師でありますが、治療法という事についても同じことが言えるでしょうね。

 

 

 

医療も選択肢が多くて誰に誰が合うかなんか分からないのよ。

 

鍼灸がいい人も手術がいい人もなにもせんのがいい人もあるわけで最も重要な事は治療者が主導になってはならんという事だと私思います。

 

 

 

どれを選ぶかは結局患者が決めることで選ばれた治療者は力を貸せばいいし選ばれなかった治療者はもう任せればいいだけなのです。

 

 

 

 

 

絶対的な医療なんてないんだからみんながいいとか持ち寄って行けばいいんとちゃいますのん?と思うんです( ´∀`)←

 

わざわざ取り合う必要ないんですよねそもそもみんなへぼなんですから笑

 

 

 

 

そして患者側も自身の体に責任を持つことが大事でやんす。

 

受け身の人間は必ず利用されます。

無知な患者は格好の餌食なわけです。

 

 

 

 

自分の身は自分で守るしかないんです。

そして守るためには知識が必要です。

 

 

 

 

手技も大事やけど情報も伝えれる術者でありたいと一応は思っているんですね笑

 

 

まぁ俺鍼うつのそんな好きじゃないけど( ´ ▽ ` )

 

 

 

 

以上