下膨れの革命

ニート鍼灸師の思う事をつらつら書く 圧倒的自己満足

時 任三郎じゃなくて時任 三郎だった

昨日衝撃の事実を知りました。

 

 

時任三郎じゃなかった。

 

時任三郎だったんだ。

 

 

 

文章じゃ分かんねー笑

 

 

ずっと任三郎さんだと思ってた人が昨日から三郎さんに変わったわけだ。

 

いや三郎さんは今までもこれからもずっと三郎さんなんだろうけど俺の中ではずっと任三郎さんだったから俺の中の任三郎さんはいなくなったというかただの勘違いで任三郎さんが三郎さんになってしまったのである。

 

ずっと過保護のカホコのお父さんも任三郎じゃなくて三郎だったんだ。

 

 

昨日一の衝撃である…

 

 

 

お詫びにしれっと時任三郎さんのツイッターフォローしといた。

 

 

 

任三郎と聞いてほっとけないのがそう古畑任三郎である。

 

 

名推理で犯人を追い込んで行く様はなんというかサディストでありリアリストであり時にネイリストである。

 

 

 

犯人が可哀想になるよね( ´ ▽ ` )←この顔文字の意味も分からず使いました。

 

 

 

個人的に古畑任三郎の見所は何と言っても古畑さんの食事シーンである。

 

 

 

肉まんやらモスバーガーやら食べるわけなんだけど中でも好きなのがそう酢豚弁当である。

 

 

 

古畑さん酢豚が大好物なんですね〜〜〜

 

 

新幹線の車内でめちゃくちゃ酢豚弁当を探すシーン。

 

売り子のお姉さんがめっちゃ迷惑な顔してるんがなんとも笑

 

 

そして犯人が酢豚弁当のからをもってるの見られて医者であるとバレるシーンはめちゃめちゃかっこいい!

 

 

是非古畑任三郎見ていただきたい。

 

 

 

 

途中から時任三郎さん関係なくなったけどみんな台風気をつけて!

 

 

 

以上